たわいもない話ですが。 

インスタント麺は昔から袋麺派のコイッチにーさんです。こんにちは。

中でも、地元糸島が誇る「マルタイ」の屋台ラーメンが永遠の一位であります。

地元糸島っていっても「マルタイ」がある場所は旧糸島と呼ばれ、正確には福岡市西区ですが。

袋麺派と言っても昔から好きだったカップ麺があります。

「日清どん兵衛」です。

日清どんべえ

何年ぶりかに頂き物として手元にやってきました。

続きはここをクリック

スポンサーサイト

甘~いお汁・・・。 

花より団子とは言いますが、甘い物はちょっと苦手なコイッチにーさんです。こんにちは。

「ぜんざいが食べた~~~い!」

リクエストがありました。最近は常連のお客さん、わがま化してきています。(笑)

甘い物は苦手でも、そこは笹丘三丁目食堂、食べたいって言われたら作ります。

「ぜんざい」完成!

「ぜんざい」

ただのぜんざいではございません。

続きはここをクリック

粉を変えてみました。 

凝りだすと止まらないコイッチにーさんです。こんにちは。

新そばが入る季節になりましたが、今年の新そばは酷暑の関係かイマイチ風味に欠けています。

ならばとそば粉を変えてみました。

先日紹介しました「中世博多うどんやす川」さんと同じ「安川商店」のそば粉です。

新そば

さてさて、そのお味は?

続きはここをクリック

御殿のカルビが意外に美味しい 

夜ラーメンを食べる時、お酒を我慢できないコイッチにーさんです。こんにちは。

酔っ払わないでラーメン食べるともっと繊細な味が分かって、ちった~マシな記事が書けそうですが、

止められまへん。

いつもの御殿ですが、最高価格のおつまみがこちら。

御殿

「骨付きカルビ」@550円!

続きはここをクリック

「やす川」で蕎麦 

研究に余念がないコイッチにーさんです。こんにちは。

前回の続きです。

じつはこちらのお店「やす川」は笹丘三丁目食堂がそば粉を仕入れている安川商店が出したお店なんです。

と言う事は、三丁目食堂と同じそば粉を使っているお店ということなんです。

同じそば粉でプロが打った蕎麦がどんなものか研究であります。

「やす川」

蕎麦も3玉まで同一料金です。

続きはここをクリック