煉らない、踏まない、寝かさない、華うどん。 

学生時代バイトしていたレンタルビデオ屋で人気の邦画がありました。

「塀の中の懲りない面々」

実際見たことは無いんですが、よく出るな~って思っていた事を今でも覚えてます。

塀の中ではありませんが、に~やんも懲りない面々の一人だと思っておりまする。

懲りない男、コイッチに~さんですこんにちは。


実はいまだ懲りずにこそ~っとうどん打ちに挑戦しているんです。

何回やっても納得のうどんが打てないに~やんに救世主が現れた。

「華うどん」

華うどん

でけた!!!(*^。^*) さてさてそのお味は?

華うどん

華うどん

華うどん

実はこのうどん、煉らない、踏まない、寝かさないの製法で打ち上げたうどんなんです。

その名も、「華うどん」。

小麦の味わいをひらいて 華うどんを世界につたえよう

こちらのブログでその製法を知り、こそ~っと練習しとったとです。

なにより素晴らしいと感じたのは、無塩という事実。

蕎麦打ちの要領でやるから何とか形にはなったかな。

華うどん

煉らないし、踏まないし、寝かさないのに美味い!

これなら三丁目食堂で出してもいいかな。(*^。^*)



 <今日のつぶやき>

 サラリーマン川柳を読んでて切なくなったので、

 ブログ仲間が載せていたちょこっといい話をご紹介。

 ≪うちの嫁はキス魔。

 子供たちにしょちゅうちゅっちゅちゅっちゅしては幸せそう。勿論俺にもしてくる。
 厳しいばっかりだった親を持つ俺は、ちゅーやハグが当たり前のことすぎて
 むしろちょっとウザそうにしてる子供たちが羨ましかったな。

 そんな嫁と結婚して十数年。

 先日、長女が「お父さんのといっしょに洗濯しないで」と言ってきた。
 ああ、もうそんな時期か…と思いつつショックだったが、嫁があっさり
 「わかった」とうなずいたのはもっとショックだった。
 嫁も女だもんな、娘よりになるのもしゃーない…と枕を濡らした。

 嫁、娘のものの洗濯を一切止めてました。

 「お母さんの仕事はお父さんのお世話、あんたたちの世話は”ついで”。
 自分のことは自分でできるように躾けたし、できる歳だろう。
 洗濯なんてスイッチ押して干せば今まで通り。
 お母さんの仕事に文句があるなら自分でやりな」って(嫁も正社員)。

 俺、嫁さんに愛されてるんだなぁ。
 ちょっと違うかもしれないけど、大事にされてんだなぁ。

 この嫁で良かった。≫

   にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

うどん、いつでも試食しまっせ!!

リンク先でいい話を見つける前に「エキ○イトフ○ンズ」を読んでしまい、腸捻転。

そんな秘密の特訓をされてたとは。
どこまでも研究熱心!
青蜜柑と生醤油を持参します(^ー^)ノ

萌えドラへ

いつでも打ってやるぜい。
手土産よろぴく。(#^.^#)

ももりんごちゃんへ

青蜜柑と生醤油いいね。
それとビールも持参しなさいね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/1282-d0b14118