お任せ予約が絶対にお勧め。「小柳寿司」 

幼稚園から大学2年まで電車通学だったコイッチに~さんですこんにちは。

正確には高校2年生までディーゼル列車。

幼稚園の歳から定期券を持っていたってなんかすごくない!

当時はモタモタして列車に乗り遅れるともう大変、一時間駅舎で待ちぼうけの刑。

ちんころこまい子供にとって一時間待ちってなかなか辛いものがありました。

だから毎日毎日学校終わると駅まで猛ダッシュ。

子供初乗り料金が10円だった時代の懐かしい思い出であります。


なしてこんな出だしかと申しますと、

今でも仕事が済んだら猛ダッシュで帰るという習慣が抜けないんです。

仕事帰りにちょっと一杯なんて時も、とりあえず着替えがてら一旦帰宅。

こんなんだから地元飲みばっかになっちゃうんであります。


今宵も地元飲みですが、久しぶりに名店「小柳寿司」へ。

小柳寿司

前々から給料日に行こうって予約していたんでっす~。(*^。^*)

小柳寿司

お任せ3500円コースを3日前に連絡済み。

まずは塩トマト、からすみ、オイルサーディン。

小柳寿司

からすみ、オイルサーディンはなんと手作り。

特にこのオイルサーディンは感動もの。塩梅抜群。

小柳寿司

お寿司屋さんで刺身をつまむってすんげ~贅沢を感じてしまう貧乏性なう。

写真は二人前。

小柳寿司

コーンの陰にしまあじ、いさき炙り、石鯛、唐津赤うに、やりいか、真いわし、

小柳寿司

境港で上がった本マグロの中トロまで入っていた。

なぜコーンがあるのか不思議だったけど、あえてのスルー。

小柳寿司

ここで焼き物。

旬のいさきは最高!

小柳寿司

甘ダイの紫蘇蒸し。

小柳寿司

茶わん蒸しに大葉を入れるだけでまったく別物の味わい。

甘ダイ感動の美味さ。

小柳寿司

三河産アサリの赤だし。

お寿司屋さんではやっぱ赤だしだね。

お待たせしました、握りタイムへ突入であります。

もう一人のメンバー到着でここから握りは三人前。

小柳寿司

イカ~、

小柳寿司

いさき炙り~、

小柳寿司

石鯛の肝乗せ~、

小柳寿司

真いわし~、

小柳寿司

しま鯵のバッテラ風~、

小柳寿司

本まぐろの大トロ炙りまで出てきた!

小柳寿司

あなご~、

小柳寿司

唐津産赤うに~、

小柳寿司

デザートでコース終了。もう腹いっぱい!

ここで感想を書きます。

名店のお寿司屋さんゆえにネタのクオリティーが最高峰なのは周知の事実。

何をとっても、どれもこれも涙ちょちょぎれる位美味しいたらありゃしない。

でもね、一番感動したのはシャリ!

本物の職人が握るシャリは絶対に機械じゃ真似出来ないだろうと確信。

もうね、箸で持てるか持てないかくらいギリギリの握り加減。

実際に食べてみたら誰でも違いが分かるよ。(^○^)

小柳寿司

若大将のシンゴちゃんから皆さんに伝言。

「ご予約頂けると助かります。

 その時期に美味しく食べて頂きたい料理があります。

 そのための準備がしっかり出来ます。

 今日のコースもご予約頂いていたおかげでこれだけの物が出せました。」

なるほど、

まさにお任せ予約が絶対にお勧め。「小柳寿司」 だね。

こんど連れて行くから怒っちゃや~よ。(#^.^#)

「小柳寿司」


朗報をいっちょ。

この銘酒たちが一杯600円だそうな!!!

小柳寿司

「小柳すし」前回の記事はこちらをクリック。

 「小柳すし」 福岡県福岡市中央区笹丘1丁目36-18 092-741-3852



 <今日のつぶやき>

 「子供会ソフトボール大会で一勝でもしたら、たけのこ隊の子供四人を

 回らないお寿司屋さんに連れていっちゃる!」

 って豪語したおっさんがおります。

 二勝一敗で中央区大会出場の好結果。

 さ、小柳寿司を予約しておこうかね~(^0_0^)

    にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

廻らない寿司

がきんちょ達にソフトボール大会一勝のご褒美に寿司を奢る約束をしてる『お兄ちゃん』です

既に、友人の寿司屋に予約を入れています
次回、僕が参加の三丁目食堂開店時にデリバリーをしてもらう予定です

が、、、

寿司屋曰く
がきんちょ達は寿司よりもケンタのバケツとかの方が良くね?!


まだ暇にならないのでもう少しだけお預け状態で「ごめん」と、お伝えください

やっさんへ

ダメって!
三丁目食堂にデリバリーしたら俺が働く羽目になるやん!
俺もゆっくりさせちょくれ。
PS.ケンタよか寿司げな(笑)

豊かな笹丘

笹丘は、どんどん良くなってる!
こちらじゃ相も変わらず、古い
魚食べてます。
笹丘が、懐かしい・・。(^_^;)

おきゅーとさんへ

コメント遅くなってすみません。
次回帰福の際、またご連絡ください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/1310-d648c50b