どっきり肉うどん どっきりよりびっくり! 

花の小倉には独自の食文化があります。今までにも何件か書いてきましたが、それまで、小倉の食文化についての知識はまったく皆無に等しく、焼きうどん発祥の地とイワシのぬか床炊きくらいしか知りませんでした。
 以前、太助さんのうどんマラソンの記事を見て、想像で肉うどんを自作したところ、
「いいかげんなことするな、知りもせんで!本物を食ってもいないのに現地で食ってからやれ!」
隊長にこっぴどく怒られた苦い経験もあります。
それもそうだと花の小倉に出向き、かっちゃんうどん正ちゃんうどんを食べてきました。
自分で食べて初めて現地で食え!と言った隊長の意味がわかりました。
福岡の肉うどんとは全くの別物で、それはそれはその旨さに感激したものです。

よもぎうどん、久野、etc・・・振られまくった一日でもありました。小倉のうどん屋は閉店が早い!
あと、たけやにも行きたいんだけど、朝9時半には売り切れるらしい。ん~ハードルも高い。

その感激の小倉名物肉うどんがコイッチにーさんの地元校区にできました!  場所はここ

dokkiri 1

出来たばかりのお店はお祝の花々に囲まれ華やかな雰囲気でした。

6席位のカウンターにはすでに先客がいらしゃいましたので、テーブル席へ。

期待が膨らむこだわりが目に飛び込んできました。

dokkiri 2

当然、肉うどんを注文しました。 ここでビックリ! 想像以上の強気価格・・・。

dokkiri 3

これも小倉では名物無料の漬けものを頂きます。

dokkiri 5

ほどなくして肉うどんの登場です。このほどなくが小倉名物の肉うどんでは曲者。

お!すめの色が思ったより薄いぞ。

dokkiri 4

肉汁の濃さが後から調整出来るようにとのお店側の配慮でした。肉汁の追加ができます。ご立派です!

dokkiri 6

すめから頂きますと、なんとも上品なお味。肉うどん独特の甘みも程よく抑えられています。

なるほど、肉汁を追加制にした意味がここにあるわけです。濃い味が好きな方はここで肉汁を追加。

さて、お肉です。これもさほど甘くもなく色でも分るように、上品な薄味で軟らかく煮込まれています。

dokkiri 7

博多風にアレンジしてるって但し書きがありましたが、小倉から見た博多は薄味なんでしょうか?

麺ですが、ほどなくの曲者振りがここに出てしまいました。

dokkiri 8

上品なすめに対してうどんが圧倒的に弱い。ほどなく出てきたという意味は多分茹で置きでしょうの意味。

低価格帯の大衆うどんならそれでいいでしょうが、680円の肉うどんを提供するなら、

時間が許す人に限ってでもいいですから、茹でたてを提供してほしいと思いました。

茹でたてだったら、すごく美味しいであろうことが想像できたうどんだから、あえて書きました。

だって、こんな風に生姜をちゃんと別の小鉢に入れて出すくらいの思いやりがある店なんですから。

dokkiri 9

どこかの暖簾分けですかと聞いたところ、違うそうです。

地元民としては、これから大きな期待で温かく応援をしていきたいと思います。

開店と同時に飛び込んだら茹でたてが食べれるかな! 11時開店です。

dokkiri 10

 どっきり肉うどん  福岡市城南区長尾5-27-20

関連記事
スポンサーサイト

コメント

すめの色合いが美味しそうですね・・・見た目が濃すぎると、関東の醤油辛いうどんを想像して嫌なんですが、これは肉汁の旨味が溶け出してるようにも見えて、生唾ゴックン。(^^;

うどんイマイチでしたか?
写真の見た目じゃわかりませんが、確かに¥680と言う価格じゃ、半端なうどんだと納得できませんよね。

chiepapaさん

そうなんですよ。これは肉汁の旨味が溶け出してる上品なすめです。
だから、うどんが惜しいんですよ!
応援したい店なので、頑張ってほしいです。

麺が手打ちに変わって美味しかったたまにぶらりと行こうと思いました柔らかな肉が美味しかった。

おっとさんへ

そうですか。麺が変わったんですね。
それは再訪しなければ。
肉は美味しいですよね、何も言う事はありませんって感じ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/246-194b9c8e