もつ鍋の王道 

明日は早朝から島原へ遠征だ。
仕事での出張なら気持ちも萎えるってもんだが、ソフトチームの面々と楽しい?
楽しく?楽しくなるはずの一泊旅行。

わたくしの所属いたします3丁目チームは、シーズンで優勝したら、毎回この時期に
一泊優勝お祝いゴルフ旅行&厄除け祈願へと出かけます。
(もちろん自腹!かなり痛い出費!)
わたくし、ゴルフは5月以来。
そのくせクラブを今日押入れから引っ張り出したようなやる気の無さ。
いやいや、余裕と申し上げておきましょう。

95以上のスコアだと、黒霧一本を遊心亭に贈呈させられます。
間違いなく、贈呈となりますので、早い者勝ちで飲んじゃってください。
くれぐれも、「BPくんおごち」 と言った後ね(^-^)

と、いうことで、練習はしないくせにスタミナだけはつけておこうと、
いかにもこじ付けた理由で

今夜はもつ鍋

最近、ちまたでは、創作もつ鍋とか流行っているようですが、
あたくちは、もつにキャベツにニラ。でしょうゆ味。これぞ王道!(けっして押し付けではありません)
012_20080112231416.jpg

もつ鍋煮えるまで、地鶏のたたき。これがまた、焼酎が進む進む!明日早いのに。
013_20080112235551.jpg

シャキシャキで食べるキャベツもまた旨い!くたくたに煮えたのもこれまた旨い!
画像では分かりにくいけど、キャベツの下はもつとにんにくだらけよ~ん。
お店じゃそんなこと出来ません。だってもつの追加って高いもん。

015_20080112231448.jpg

いやー、食った食った。これで明日の車内はいい香り・・・・・。
最後はこれまた王道のちゃんぽん。
016_20080113000206.jpg
(なんか写真が下手で旨くなさそう・・・)
ほんとは旨かったっとって!

明日のゴルフがんばろーっと。

さて、いきなり話は変わります。
皆さんはとてもいいお酒の飲み方をされてると思います。
が、無礼講という曖昧な言葉を耳にされたこともあると思います。
さてこの無礼講、年代、男女で考え方も違うでしょう。
では、はたして世間でどこまで許されるものでしょう?
考えてみたことありますか?
面白い記事を見つけました。
私もこれで明日に備えます。
    



許される「無礼講」ってどこまで?

さて、年末年始。みなさん、飲みましたか?浴びるほど飲みましたか?忘年会にクリスマス会、そしてまだまだ新年会。名目さえあれば何かにつけて飲みたがるのがオトナってもんです。
ただ、そんな楽しい飲み会の席。誰かが言った「今日は無礼講だ~!」の言葉を、どう判断すればいいんでしょう?これってかなり微妙な問題ではありますよね。無礼講、と言えども無法地帯ではありません。いったいどの程度の「無礼」が許されるんでしょう?
特に、異性の目はどうなっているのでしょうか。なかなか興味深い結果が出ているようです。

111.gif

とりあえず「飲んで泣く」は許されるようですね。
男女ともほぼ4割の人が「許される」ということでトップです。ただ、男性の場合は同率で「同僚の悪口」も許されるみたいですね。ま、同僚だし、といったところでしょうか。女性の場合もこちらが2位、だいたいこの2つくらいは許されるみたいです。まあ、どっちもあまり美しい光景ではありませんが(笑)。
3位以降はぐっと支持率が低くなります。男性の第3位は「意識不明で要介護」。16.7%と意外に高い支持率です。まあ、年末年始だし、ぐでんぐでんになっても仕方ないかあ、ということですか?まあこれを支持する人はたぶん身に覚えのある酔っ払いです(笑)。ただ、あくまで支持率は男性の3位、無条件で許されるといった雰囲気ではなさそうです。その証拠に、女性ではダントツ最下位ですから……。
ぐでんぐでんの要介護酔っ払いは、女性には嫌われるという確かな結果が出てしまったわけです。気をつけてください。
その女性の第3位は「裸踊りorキス魔」になりました。裸踊りはともかく、女性の場合は「キス魔」率が高いのかもしれません。いますよね、酔っぱらうとやたら博愛精神にあふれてしまう女性。それはそれで、なかなかほほ笑ましい光景、と言えなくもないですが、男性の投票では最下位ですから、意外に「キス魔」の女性に困らされてる男性は多いのかもしれませんね。
なお、くれぐれも、女性の「裸踊り」だけは気をつけてください。社会人として致命的ダメージを負いかねません(笑)。

男性へ:ぐでんぐでんの「要介護」酔っ払いは確実に女性に嫌われます。
「裸踊り」も多大なダメージを被るかも。たとえ無礼講の席でも気を抜くことなく、
他人に迷惑をかけない酔っ払いでいたいものです。気をつけよう。

女性へ:裸踊りはいうまでもなく「キス魔」も意外に男性からの冷たい視線を浴びるようです。
たとえ女性だけの飲み会でも、噂はどこからともなく伝わるもの。その方が信憑性高かったりして……。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/25-15872f3a