FC2ブログ

糸島よいとこ一度はおいで。 

少し前の話ですが、地元糸島に帰った時の写真を整理していたら、ドンドン里心がついちゃって、

今回の連休の行先がすんなり決まったコイッチにーさんです。

糸島の海は好きです。博多湾からちょっとだけ外に出ただけですが、海の色がぜんぜん違います。

海がきれいということは、そうです!海の幸ですよね。帰りたい最大の理由かもしれません。

kihachi 1

*しつこいようですが、今度こそ牡蠣食うぞ!*

元気に泳いでます。これを見て美味しそうと思う俺はどんだけの食いしん坊・・・。

kihachi2

じゃ~~ん! 玄海灘の人気ナンバー1 ”いかの活造り”

kihachi 3

きれいですね~、いつ見ても惚れぼれします。

この透明感が活造りの特徴です。なんてたって10数分で消える透明感ですから。

kihachi 4

当然歯ごたえはコリコリです。

食べたことが無い方のために解説しますと、捌いてすぐのいかの身はホントに甘いんですよ。

彦麻呂さんに食べさせたら、「なんじゃこの甘さは!」 と思わず言ってしまうことでしょう。

kihachi 5

普段は天ぷらか塩焼きになるはずの耳(?)の部分も刺身にしてもらいました。

この部分はコリコリ感がさらに倍増。天ぷらもいいですが、刺身もお薦めです。

kihachi 6

ちょっと贅沢に刺し盛りも頼んじゃいました。

でもやっぱりメインは”いかの活造り”です。刺し盛りか脇役に感じます。

kihachi 7

後造りは”ゲソの天ぷら”

これも知らない方のために解説しますと、活造りで残しておいたゲソの部分を天ぷらにしてもらいます。

天ぷらはさすがプロの技、サックサクに揚がっています。厨房をのぞいてみたい衝動にかられました。

メニュー クリックで拡大します。

kihachi 8 kihachi 9

喜八荘の一番人気がこれ”湯上がりセット”

隣接の展望露天風呂の入浴券付きのセットです。

kihachi 10

先に入るもよし、お腹いっぱいになってから入るもよし、あなたのお好みでって感じ。

kihachi 11

向こうの島の横にちらっと見えてるのが、今が旬まっ盛りの牡蠣のいかだだよ。

kihachi 12

今回の連休で行先にまだ悩んでいるそこのチミたち、ここはいかがかな?

ふと隣をみたら、コイッチにーさんが露天風呂でとろけているかも(笑)


喜八荘4 玄海灘一望の宿 喜八荘‎

 福岡県糸島郡二丈町吉井3504―1

 092-326-5011

 場所はここ

 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようさん^^。

確かに耳の刺身はまた一味違う。
で、飽きてくると私もげそは天ぷら派だけれど、
刺身もありです^^。
うちは小さいイカの場合はそれで量をカモフラージュされています(笑)。

PS
お若いコイッチ兄さん、
こういうもの召し上がられて温泉入っていると
ジジババ型お楽しみコースになりますぜ~(笑)。

オースケ さん

おはようさんです。
実はですね、ジジババ型お楽しみコースが大好きなんです(笑)
何かといえば温泉!温泉といえば旨いもの!
もうとっつあんコースまっしぐらですばい!
そういえば、最近ラーメン食ってないな~。

うっわー!
イカ耳、イカの部位の中でも
No.1に大好きで、私もいつも
行くお店では勝手にエンペラもゲソも
切って食べてます(^▽^)
もー歯応えフェチにはたまりませんっ!!
ここのお店いいですねー!
昼は牡蠣で夜はココ!みたいな
贅沢三昧で行ってみたい・・・

momoちゃんへ

こんな以前の記事まで見てくれてありがと(*^_^*)
烏賊の活造りを慣れた人が食べるとね、
お店からハサミを借りてゲソと耳までチョキチョキしてお刺身で。
じゃあテンプラ無いじゃんと思うでしょ。
ゲソの天ぷらを別注するのさ(^O^)/
昼は牡蠣で夜はココってあ~た・・・。
それいいね(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/284-7becb423