牧のうどんのお話 その7 かしわご飯編 

 朝青龍がちょっとだけ好きになったコイッチにーさんです。こんにちは。

 一部の読者に好評いただいております”牧のうどんのお話シリーズ”です。

なんだかんだ言って、もうその7まできちゃいました。

書きたいお話はまだまだ尽きないんで、もうちょっとお付き合いをよろしく候。

さて、今回はみんな大好きな(はず?)、かしわご飯のお話です。

牧のうどん 7

なんだか、こんもりと盛られていますね(笑)

 
かしわご飯のお話ですが、まずはうどんのおさらいをしましょう。

牧のうどん 2

何を血迷ったか、福ちゃんの鳴門うどん3玉に対抗して大盛りを頼んじゃいました。あえての素うどんです。

牧のうどん 3

今回は中めんでしたが、相も変わらずなんちゅう量だ!あげ玉はサービス。

牧のうどん 4

麺を持ち上げると、ほ~ら、いつも通りスープが下にまわって消滅状態。以前解説した通りだね。

牧のうどん 6

ここで小やかんのスープをなみなみと注いで、卓上の入れ放題のネギを大量投入して出来上がり。

牧のうどん 8

すっかり角が取れたヌメリを纏ったテロテロの中めん。 好きなんだな~これが!

牧のうどん 1

さて、かしわご飯のお話ですが、実は牧のうどん発祥の地糸島で高校時代に覚えた邪道食いです。

そのまま食べても美味しい牧のうどんのかしわご飯なんですが、ちょっと変わった食べ方をしたいと

仲間の中で大ブレークしたのがこの食べ方! 

 ”スープかけかしわご飯”

牧のうどん 8

なんちゅう食べ方しとるんじゃ! と、お叱りの言葉が聞こえてきそうですが、はい完成!

牧のうどん 9

さらさら~っと、するする~っと 美味しいんだよこの食べ方 (o ̄ー ̄o) ムフフ♪ 

ただし!!! 分かる方は想像出来るとおもいますが、かなりの濃い味お茶漬けって感じですので、

高血圧気味のお父さん方は控えられることをお薦めいたします。

たまにはいいですよ、こんなジャンクな食べ方も。後で激しく喉が渇きますけど(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

”スープかけかしわご飯”!!
アリアリ(笑)
こういう独自の食べ方好きだなぁ!

>好来
もちろんよく聞く!!
でもすごいね、この黒さ。。。
初めがこれだったらな・・・

スープチャーハン?スープ茶漬け??
いやいや、スープかしわご飯・・・( ゚∀゚)笑 

すごい発想でビックリです。いや、牧のうどんの攻略本作れますよ!!!
しかし、これはちょっと上級すぎる~。

つばめくん

よ~久しぶりのコメントだね(笑)
ありやろこれ!特に君は昨年まで大学生だったし、
若い人や、コッテリ好きな人には好まれるはず!
新風にでも行ってみようかな、
マー油の味をもう一度確かめる意味で。

そらちゃん

上級すぎる?
いやいや、このレベルはまだまだ中級者の食べ方だよ。
上級者はお好みの具を入れたうどんの残り汁をぶっかけて食べるんだよ。
例えば、肉うどんの残り汁をぶっかけた、牛丼風味とか(笑)

本日はご訪問&コメントまでいただきまして有難うございます!!。
実はコイッチにいさんのところ、づっと愛読させてもらってたんですよ。
三丁目食堂には行きたくてしかたなかったんですが、なんせ酒癖が悪いもんで・・・・(汗)。
FC2でいろいろ試した後にエキサイトにするかどうか決めますネ。
今後ともよろしくお願いします。

ぐわーーーーーーーーーーー
肉うどん&かしわご飯命な私めとしては
かけずにはおれません、今からいくぞ~
あ~今日はもう閉まってる~明日いけるかなぁ…

な~るほど、これはいいアイデアですね。
次回、試してみます。
スープ茶漬けだと何杯でもいけそうですね(^^)

yamamenさん

そうですか。見ていてくれてたんですね。光栄です。
酒癖が悪いなんて、僕の仲間も同じようなもんですよ。

せーじさん

あ、そうだった! せーじさんは肉うどん羽だったね。
それならやらなきゃ、牛丼風味かしわ飯茶漬けを(笑)
俺はごぼう天羽だからいわゆる天丼風味かな。

カズくん

ぜひやってみて!
ただし君の場合は大盛りで頼んでおいて、
ドンブリに移してからぶっかけるスタイルが正解かな(笑)

よく思いつきましたね!

かしわご飯に、やかんのスープかけるなんて
よく思いつきましたね。
確かに味が濃いめになりそうなので、
1/3ぐらい食べ終えたぐらいでするのが丁度良いのかも?

次は鳴門のトリプルですよ!

福ちゃん

これって、糸島に住んでた高校生時代の定番だったんだよ。
誰が考えたかは未だ不明だけど、俺は同級生に教わったかな。
鳴門の3玉?・・・・頑張ってみます・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/319-4be69509