FC2ブログ

鶏と魚は大好き!鶏魚介 白湯ラーメン 

 草食男子???なんだろって思っていたらご丁寧にTVで解説していた。

なになに、ふむふむ、なるほど。こんにちは、肉食男子のコイッチにーさんです(笑)

高校時代に始めたギターも女の子にもてたいと言う理由でしたが、それがなにか(*^_^*)

肉食男子といっても、肉では鶏肉が一番好き。

肉より魚介類の方が好き。

こんななんちゃって肉食男子にピッタリのらーめんがあった!

行徳家

 鶏魚介 白湯ラーメン  なんともそそるじゃああ~りませんか!

鶏魚介 白湯ラーメン

ここは野間にある有名店 行徳家  

出てきたラーメンは、白湯ラーメンと言うネーミングにまったくそぐわないような第一印象。

見た目からは、これは”黒ラーメン”じゃないだろうか?どんぶりも黒いし (^v^)

鶏魚介 白湯ラーメン

表面を覆っているのは苦手なマー油ってやつか?・・・。

しかし、ここ行徳家店主の研究熱心な噂は中央区の孤島、笹丘村まで届いている。

そんな店主が造って出してくれたラーメンだ。期待を裏切るはずがないとスープを啜ってみた!

鶏魚介 白湯ラーメン

正直言って驚いた! 程よい苦味を感じてめっちゃ美味しい!

表面の褐色の液体はどうやらねぎを焦がしたやつのようだ。程よい苦味の正体はこれだ。

中のスープは真っ白。なるほど、これで白湯ラーメンなんだね。

白湯ラーメン

麺も申し分ない!美味しいスープをガンガン絡めとって箸が進む進む! 

エコなお箸も好印象。麺が滑らない工夫があった。

白湯ラーメン

このチャーシューは切り口に注目していただきたい。

味がギュっと浸み込んでいるのが見て分かるでしょ。

大ぶりの木耳が嬉しい存在でよくぞ入れてくれましたってな感じ(^O^)/

いや~、感激の美味しさでした。 

こちらの白湯ラーメンとぜひ見比べてほしい。

それぞれに個性と工夫があってラーメンの奥深さを改めて認識させられた。

ただ、どんぶりが深すぎてレンゲでスープをすくい難かったな・・・。

   行徳家

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koichi4005.blog35.fc2.com/tb.php/451-02a2795c